よくあるご質問

よくあるご質問(Q&A)

このページでは、お客様からの「よくあるご質問」をまとめました。
電気代削減や太陽光発電をご検討されている際は、参考になさってください。

このページで解決できない場合は、お問い合わせページよりご相談ください。
補助金申請の専任がお答えします。

明電産業(当ページの運営会社)は、創業70年以上の電材商社です。
これまでのお客様からのお問い合わせ内容をまとめています。
電気に強い卸会社の特徴を活かして補助金を活用した電気代削減を提供しています。
明電産業についてはこちら

当ページの内容は、簡略化したものとなります。
詳しく内容を知りたい方は、こちらのページもご参考になさってください。
【法人向け】産業用太陽光発電の費用や補助金の活用方法まとめ

 

【電気代削減】のよくあるご質問

Q.電気代の削減方法にはどんなものがありますか?

「自家消費型の太陽光発電」「蛍光灯や水銀灯をLEDにする」「老朽化した空調(目安10年以上)を高効率空調に変更する」などが一般的です。
機器(照明、空調、OA機器等)自体を古いものから新しく、高効率のものへ更新することで消費電力量のカットができます。

さらに、節電をサポートしてくれるプログラムやシステムを利用することで電源を切る等の作業をAI化することも促進されてきております。
それ以外には、当たり前ですが、使わない場所や機器の電源を切る等が有効的です。

 

【太陽光発電】のよくあるご質問

よくあるご質問(太陽光発電設備Q&A)

Q.太陽光発電の住宅用(個人用)と産業用(法人用)の違いは?

産業用太陽光設備と住宅用太陽光設備の最大の違いはシステム容量です。
産業用太陽光パネルは10kW以上、家庭用太陽光パネルは10kW未満、という違いがあります。

家庭用太陽光パネルは一般的に住宅の屋根に設置するものですが、住宅の屋根だけでは10kW以上の太陽光パネルを設置できる建物はほとんどないため、カーポートなどにも太陽光パネルを増設してシステム容量を10kW以上にすることで、産業用太陽光パネルとして利用することはできます。

さらに、売電を目的とした太陽光発電設備であれば固定価格買取制度の売電期間と売電単価に違いがございます。

Q.kWやkWhの違いは?

kW(キロワット)とは、瞬間の電力消費量のことです。
kWh(キロワットアワー)とは、1時間あたりで消費される電力量のこと示す言葉で継続的に消費される電力の総量を表します。
この2つは「電力消費」に関する値であるのは同じですが、

「kW」はその瞬間に消費される電力量であるのに比べて「kWh」はその蓄積によって消費される「電力の総量」を表すということです。
つまり、消費電力1kWの電化製品があるとして、この電気製品を1時間使い続けた時に消費された電力が1kWhということになります。
当然1日使えば24kWhになります。

電気代はこの総消費量をベースに計算されます。

Q.太陽光発電システムを導入するメリットはありますか?

6つのメリットがあります。
電気代削減、停電対策、環境貢献、遮熱効果、工場立地法対策、補助金・税制優遇制度の活用です。
それぞれ詳しく紹介しているページもありますので、ご参考ください。
【企業・法人対象】自家消費太陽光発電のメリット・デメリット

Q.太陽光で発電した電力の使い道は?

3つの使い道があります。それは、①自家消費型、②全量売電型、③余剰売電型です。
①はすべて自分たちで使い切るパターン、②はすべて電力会社へ売るパターン、③自家消費をして余った電力を売るパターンが基本的です。
当社で一番問い合わせが多いのは、①自家消費型の太陽光発電です。

Q.自家消費型の太陽光発電とはなんですか?

太陽光発電で発電した電力を売らずに、自社設備にすべて使用するモデルとなります。

Q.太陽光パネルはどこに設置できますか?設置ができない場所はありますか?

基本的には、建物の屋根に設置するオンサイト型、遊休地の土地に設置するオフサイト型がございます。
設置できない場所と致しましては、建物の耐久性と共に屋根の形状や材質によって発生する場合がございます。

さらに、適さない条件として建物や障害物に囲まれていて影になりやすいような場所への設置や海風による劣化が起こりやすいような場所等が挙げられます。

Q.太陽光発電に蓄電池は必須ですか?

必ずしも必要ではございません。
導入する場合のメリットは、災害等での緊急電源として利用ができること消費電力の最大電力量をカットし電気代対策ができることが挙げられます。

2023年度(令和5年度)の補助金では、蓄電池の設置が必須と言われています(当ページ執筆時点)。
明電産業でも、情報が分かり次第、皆さまに発信いたします。

Q.太陽光発電設備の費用の回収期間(元が取れる)はどれくらいですか?

一般的には、10年~20年程度です。
明電産業では、卸業と補助金活用の強みを活かし、回収期間を早めるご提案ができます。

Q.契約電力や使用電力量はどうやって調べたら良いですか?

ご契約の電力会社から届く電気料金明細を確認致しましょう。

Q.デマンド値とは何ですか?

一般的にデマンド値は「瞬時電力値(kW)」を指しますが、1日24時間を48コマ(30分)で区切り、その使用電力量の平均値を30分デマンド値といいます。
簡単に言えば、30分でどれくらい電気を使用したかというものとなります。

Q.太陽光発電の補助金はありますか?

数年前から、多数の補助金があります。

Q.補助金を活用したいです。何をしたらよいですか?

各省庁や県・市区町村のホームページで公布されています。
補助金情報をいち早く入手したい場合は、明電産業までお問い合わせください。

Q.太陽光パネルの保証期間は?

太陽光パネルの保証期間は、平均で15年~20年です。
各メーカーにより保証期間は異なるものとなっておりますが、 太陽光パネルの保証期間は「保証内容」によっても変わってきます。

Q.太陽光パネルは、日本製ですか?

弊社でのお見積もりの際は日本製、海外製問わずお選び頂けます。

Q.余った電気を売ることができますか?

可能となりますが、そのためには最初から「余剰売電型」として設備の設計と契約を結ぶ必要がございます。

Q.使用電力が少ない場合、設置するメリットはありますか?

あります。
以前は、太陽光パネルは設置するだけ設置するという方法が主流でしたが、現在は必要な分だけ設置するという方法が主流です。
必要な分(使い切れる分)だけ設置することで、費用を抑えることが可能です。
※現地調査やシミュレーションによります。

Q.停電時に太陽光を使いたいですが、可能ですか?

可能ではございますが、制限がとても多くあり日常程度を想定し利用することはできません。
停電時には蓄電池のシステムが必須となります。

Q.他社事例はありますか?

明電産業は事例が豊富です。
【事例(印刷業)】産業用太陽光発電|太陽光パネル設置の様子を公開(栃木県)

Q.補助金申請のサポートをしてくれるところはありますか?

明電産業株式会社の戦略企画室は、補助金サポート専門部署です。
卸会社であることを活かしつつ、補助金を使って費用の削減を支援します。

Q.見積もりは無料ですか?

無料です。
見積りに必要な現地調査や省エネシミュレーションもすべて無料です。

Q.太陽光発電の導入を検討していますが、何からはじめたらよいですか?

まずは、設置場所を検討するところからはじめてください。
そのあとは、太陽光の設置設計ができる専門会社にご相談ください。

費用を抑えたい場合は、補助金活用が得意な明電産業にお問い合わせください。
また、卸会社であることの強みを活かして、ご提案します。
ご相談はこちら

 

【蓄電池(産業用)】のよくあるご質問

Q&A 蓄電池について明電産業が回答 

Q.蓄電池の家庭用と産業用の違いを教えてください。

主な違いは、蓄電容量(kWh)です。
蓄電容量の違いは、家庭用は4~7kWh、産業用は10~20kWhが主流です。
明電産業のお客様の場合は、産業用(おもに製造工場の設置)の問い合わせが多いです。

Q.蓄電池(産業用)の価格が知りたい

1kWhあたり、15~20万円が主流です。
蓄電池は、用途や災害時の対応範囲に合わせて設置台数を決めることが一般的です。
(例)災害時に、3時間程度の電力を持たせたい
(例)災害時に、冷蔵・冷凍施設だけは稼働させたい など

蓄電池の設置には、現在の電力使用量などによって大きく変わるため、まずはヒアリング、現地調査を行います。
すべて無料でご対応します。

Q.蓄電池の費用はどれくらいですか?

数十万円~数百万円です。

蓄電池は、家庭用と産業用の違いがあります。
主に直電容量の違いがあります。

Q.蓄電池を使った「ピークシフト」とは何ですか?

ピークシフトは、電気代の基本料金を下げる目的で活用されます。
通常は、夕方~夜間は消費電力が少なくなるため、最大デマンド値になることはありません。
その時間帯に蓄電池に充電しておき、電気を多く使う時間帯にその電気を放電することで、デマンド値を抑えることができます。
ピークシフトについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

【照明LED化】のよくあるご質問

Q.LEDに替えるメリットは何ですか?

主に3つのメリットがあります。

(1) 交換の頻度を少なくすることができます

蛍光灯や水銀灯のランプの寿命が1万時間程度なのに対し、LED照明のランプの寿命は4万時間程度です。

その分、交換の頻度を少なくすることができます。

特に、工場や倉庫などで高い天井についている照明を交換する場合は、高所作業車や足場を組む必要があり、交換費用も高くなります。

手間・費用の両面から見ても、交換頻度を少なくすることで大きなメリットを得ることができます。

(2) 電気代を削減させることができます

蛍光灯や水銀灯に比べ、ほとんどの場合、消費電力を半分~4分の1に減らすことができます。

それだけではなく、スイッチをつけると直ぐに点灯させることができるので、例えば、「水銀灯を一度消すと、明るくなるのに時間がかかるから休憩時間も点灯させたまま」ということが、LEDではなくなります。

さらに、調光機能や人感センサーとの相性も良いため、自動で節電、電気代を削減することが可能です。

(3) 環境に優しく、社員の職場環境に良い影響があります

LEDは水銀やフロンなどの有害物質を含みません。

蛍光灯や水銀灯は地震などで破損した場合、ガラスが飛散するだけではなく、有害物質が飛散する可能性がありますが、LEDはガラスではないため、そもそも飛散しにくいことと、有害物質の心配がありません。

また、紫外線をほぼ出さないため、紫外線に反応する虫が寄ってきませんので、夏の窓にビッシリという悲惨な状況を軽減させることができます。

 

空調(エアコン)設備の更新

Q&A 空調について

Q.企業向けの空調設備の更新はどのくらいの頻度で行うべきですか?

一般的には、空調設備の更新は10年から15年ごとに行うことが推奨されています。ただし、使用頻度や保証期間などの要因によっては、より早い更新が必要になる場合もあります。また、古い空調設備が故障やメンテナンスが頻繁に必要になった場合、更新を検討することが必要になることもあります。

Q.企業向けの空調設備の更新はどのくらいの頻度で行うべきですか?

次の6点を総合的に考慮して、企業向けに最適な空調(エアコン)を選択することが重要です。

(1)サイズと能力

適切なサイズと能力のエアコンを選ぶことが重要です。部屋の広さや天井の高さなどに基づいて、必要な冷却能力を計算し、それに基づいてエアコンを選択します。

(2)エネルギー効率

エネルギー効率が高いエアコンを選ぶことで、電気代を節約することができます。エアコンのエネルギー消費効率を表す「エネルギー消費効率」という指標があり、高いほどエネルギー効率が良いです。

(3)フィルター

フィルターが効果的にホコリや花粉を除去し、空気をきれいに保つエアコンを選ぶことが重要です。特に、アレルギーを持っている人や環境に配慮する必要がある場合には、高性能のフィルターが必要になります。

(4)設置場所

エアコンの設置場所によって、どのような種類のエアコンが最適かが変わります。例えば、天井に設置する場合には天井カセット型エアコンが最適です。壁掛け型エアコンやスタンド型エアコンは、空間のレイアウトや利用用途によって最適な場合があります。

(5)メンテナンス性

定期的なメンテナンスが必要なエアコンを選ぶ場合には、メンテナンス性の高い製品を選ぶことが大切です。フィルターの交換や清掃が簡単にできる製品を選ぶことで、メンテナンスの手間を減らすことができます。

(6)価格

企業向けのエアコンは高価なものが多いため、予算を考慮して適切な製品を選ぶ必要があります。ただし、安価な製品は性能が低く、結果的にコストがかかることもあります。

Q.企業向けの空調設備の更新にかかる費用はどのくらいですか?

一般的に、企業向けの空調設備の更新には数百万円以上の費用が必要になる場合があります。しかし、設備の種類や工事内容によって費用は異なるため、正確な費用については、業者に見積もりを依頼することが必要です。

(1)設置する空調設備の種類や性能

設備の種類や性能によって、費用が異なります。より高性能のエアコンを導入する場合は、設備費用が高くなる傾向があります。

(2)設置場所や設置方法

エアコンの設置場所や方法によっても費用が変わります。例えば、天井に設置する場合は、配管や配線が必要になり、それに伴う工事費用がかかります。

(3)工事費用

設備の設置に必要な工事費用も、費用に影響します。設置に伴う工事費用は、設備の種類や設置場所、工期によって異なります。

(4)メンテナンス費用

定期的なメンテナンスに必要な費用も、設備費用に含まれる場合があります。

企業向けの空調設備の更新にかかる時間はどのくらいですか?

一般的に、企業向けの空調設備の更新には数日から数週間程度の期間が必要になる場合があります。しかし、設備の種類や工事内容によって期間は異なるため、正確な期間については、業者に見積もりを依頼することが必要です。

(1)設置する空調設備の種類や性能

設備の種類や性能によって、設置にかかる時間が異なります。より高性能のエアコンを導入する場合は、設置に時間がかかる傾向があります。

(2)設置場所や設置方法

エアコンの設置場所や方法によっても、設置にかかる時間が異なります。例えば、天井に設置する場合は、配管や配線などを通すために時間がかかる場合があります。

(3)工事費用

工事費用に含まれる時間も、設置時間に影響します。設置に伴う工事費用は、設備の種類や設置場所、工期によって異なります。

(4)設置作業の規模

設置作業の規模によっても、設置にかかる時間が異なります。大規模な設置作業では、複数の技術者が関わるため、設置にかかる時間が短縮される場合があります。

Q.企業向けの空調設備の更新はDIYで行うことができますか?

業向けの空調設備の更新は、DIYで行うことはお勧めできません。これは、企業向けの空調設備は、大規模なシステムであり、特別な専門知識と技術が必要であるためです。

空調設備の設置や交換は、専門的な技術と知識が必要であり、誤った設置や施工は、機器の故障や火災、事故、効率低下や安全性の低下など、多くの問題を引き起こす可能性があります。また、DIYでの設置や交換は、保証が受けられないことが多いため、設備のトラブルが発生した場合、追加の費用や問題解決のための時間がかかることがあります。

企業向けの空調設備の更新には、プロの技術者に依頼することをお勧めします。専門的な技術と知識を持った技術者による設置や交換によって、適切に設置された空調設備は、安全かつ効率的に動作することができます。また、専門業者によって設置された空調設備は、保証期間内にトラブルが発生した場合、追加費用がかからない保証サービスを受けることができます。

Q.企業向けのエアコンの種類にはどのようなものがありますか?

中央空調システム:大規模な建物や施設に適しており、複数の室内ユニットを接続して、一元的に制御できるシステムです。

マルチエアコンシステム:1つの屋外ユニットに複数の室内ユニットを接続して使用することができ、複数の部屋を同時に冷房や暖房することができます。

個別エアコンシステム:1つの室内ユニットに対して1つの屋外ユニットを接続することができ、小規模なビルや部屋に適しています。

VRV/VRFシステム:1つの屋外ユニットに複数の室内ユニットを接続して使用することができ、エネルギー効率が高く、多様な室内環境に対応することができます。

冷水機システム:冷媒を使用せず、水を循環させて室内を冷房するシステムです。大規模な建物や施設に適しており、省エネ効果が高いです。

暖冷房一体型エアコン:暖房と冷房が一体化されたエアコンで、季節に応じて切り替える必要がありません。小規模なビルや部屋に適しています。

Q.企業の建物のサイズに合わせたエアコンのサイズはどのように決めますか?

次のような内容を考慮して、エアコンの能力を決定します。エアコンの能力は、一般的に「冷房能力」と「暖房能力」の2種類があります。

冷房能力は、1時間あたりの冷却能力を表す「kW(キロワット)」で表され、暖房能力は、1時間あたりの暖房能力を表す「kcal/h(キロカロリー)」または「kW」で表されます。適切なエアコンの能力を選択することで、快適な室内環境を維持しながら、エネルギーを効率的に使用することができます。

(1)建物の床面積

建物の床面積が広い場合は、より大きな能力を持つエアコンが必要になります。

(2)建物の高さ

建物の高さが高い場合は、空調を行う空気量が多くなるため、より大きな能力を持つエアコンが必要になります。

(3)建物の断熱性能

建物の断熱性能が高い場合は、エアコンの能力を低く設定することができます。

(4)人員や機器の設置状況

人員や機器の設置状況によって、建物内の熱負荷が増加する場合があります。この場合は、より大きな能力を持つエアコンが必要になります。

(5)使用目的

建物の使用目的によって、必要な室温や湿度が異なるため、それに合わせた能力のエアコンを選択する必要があります。

Q.企業向けの空調設備の効率を上げるためにできることは何ですか?

(1)適切なサイジング

空調設備を正しくサイジングすることは、適切な冷却や暖房を実現するために重要です。適切なサイジングによって、空調設備は効率的に運転され、電力の節約につながります。

(2)適切な保守

定期的なメンテナンスや点検を行うことで、空調設備の性能を最大限に引き出すことができます。フィルターの清掃や冷媒の充填などを行うことで、効率的な運転を維持することができます。

(3)適切な設置場所

空調設備の設置場所は、設備の効率に大きく影響します。設備の周りに障害物がないように配置することや、外気との接触を避けることで、設備の効率を高めることができます。

(4)自動制御システムの導入

空調設備を自動制御システムに接続することで、設備の運転を最適化することができます。室温や湿度などのセンサーによって、適切な運転モードを自動的に切り替えることができます。

(5)エネルギー効率の高い設備の導入

エネルギー効率の高い設備を導入することで、設備の運転コストを削減することができます。省エネ基準を満たすエアコンや熱回収型空調設備など、高効率な設備を選択することが大切です。

(6)従業員の意識改革

空調設備の運転に関する従業員の意識を改善することで、節電効果を高めることができます。例えば、室内のドアや窓を閉める、不必要な設備の運転を止めるなどの取り組みが挙げられます。

Q.エアコンのフィルターはどのくらいの頻度で交換するべきですか?

エアコンのフィルターは、使用頻度や環境によって異なりますが、一般的には1〜3ヶ月に1回程度交換することが推奨されています。特にペットを飼っていたり、花粉症などのアレルギー体質の方がいる場合は、より頻繁に交換することが望ましいです。

また、フィルターの汚れ具合を確認しながら、定期的な清掃も行うと、エアコンの効率を維持することができます。

Q.企業向けの空調設備の保証期間はどのくらいですか?

企業向けの空調設備の保証期間は、メーカーや製品によって異なります。一般的には、1年間から5年間の範囲が一般的ですが、高価な製品やプレミアムな製品の場合は、10年間以上の保証期間が設けられている場合もあります。

また、製品によっては、製品を正しく取り付けたり、定期的なメンテナンスを行うことが条件となる場合があります。製品を選ぶ際には、保証期間に加えて、アフターサービスや修理対応についても確認することが重要です。

Q.企業向けの空調設備の更新によって、エネルギー費用を節約することができますか?

企業向けの空調設備の更新によって、エネルギー費用を節約することができます。新しいエアコンは、高効率のモーターやファンを搭載しているため、従来のものと比べてエネルギー効率が高く、電気代の削減につながります。

また、省エネルギー基準を満たす製品を選ぶことで、エネルギー効率をより高めることができます。

さらに、適切な設置や定期的なメンテナンスによって、エアコンの効率を維持することも重要です。

ただし、古いエアコンから新しいエアコンに切り替える場合でも、工事費用や新しい設備の購入費用を考慮する必要があります。

Q.企業向けの空調設備の更新によって、室内の空気質は改善されますか?

企業向けの空調設備の更新によって、室内の空気質が改善される場合があります。新しいエアコンには、空気中の微粒子や花粉、ウイルス、細菌を除去するフィルターや、空気中の湿度を調整する加湿機能が備わっている場合があります。

また、新しいエアコンは、運転音が静かであったり、風量や風向きを細かく調整できるなど、快適な空気環境を提供する機能が多くあります。

ただし、室内の空気質を改善するためには、適切な設置や定期的なメンテナンス、適切な室内空気の循環が必要です。

Q.企業向けのエアコンの定期的なメンテナンスにはどのようなものがありますか?

エアコンのフィルター交換

空気中の塵や汚れをキャッチするために設置されていますが、時間が経つとフィルターが詰まりやすくなります。定期的なフィルターの交換は、エアコンの性能を維持するために重要です。

コイルのクリーニング

エアコンのコイルは、エアコンの冷却や暖房の効率に影響を与えます。定期的なクリーニングにより、コイルの表面に付着した汚れを取り除き、エアコンの性能を維持します。

排水管のクリーニング

エアコンは、室内の湿度を調整するために水蒸気を取り込みます。この水蒸気は、エアコンの排水管を通じて排出されますが、排水管が詰まるとエアコンの性能が低下する場合があります。定期的な排水管のクリーニングは、このような問題を防止するために必要です。

電気系統の点検

エアコンは、高電圧で動作するため、定期的な点検が必要です。電気系統が正常に動作していることを確認し、異常があれば修理することが必要です。

モーターの点検

エアコンのモーターは、エアコンの風量や風向きを制御するために使用されます。定期的な点検により、モーターの動作が正常であることを確認し、必要に応じて修理または交換する必要があります。

冷媒の充填

エアコンの冷媒は、エアコンの冷却や暖房に必要です。定期的な冷媒の充填により、エアコンの性能を維持します。

Q.企業のオフィスのどの部屋にエアコンを設置すべきですか?

オフィス内でエアコンを設置する部屋は、以下のような観点から総合的に考慮し、オフィス内でエアコンを設置する場所を決定することが重要です。

人の密集度

人の集中している場所や、頻繁に出入りする場所には、エアコンを設置することが望ましいです。

外気の影響

外気に近い場所や日当たりの強い場所には、エアコンを設置することが望ましいです。

設備の影響

コンピューターやサーバールームなどの設備が設置されている場所には、エアコンを設置することが望ましいです。これらの設備は熱を発生するため、エアコンが設置されていない場合、高温になり故障する可能性があります。

循環の効果

エアコンの風が吹き出す方向や位置を考慮することで、空気の循環を効果的に行うことができます。例えば、エアコンを通り過ぎる風が机の下を通るように設置することで、床面付近の空気も循環することができます。

その他の要因

窓の位置や形状、部屋の形状や面積、室内の温度や湿度など、その他の要因も考慮する必要があります。

Q.エアコンの設置場所にはどのような制限がありますか?

エアコンの設置場所にはいくつかの制限があります。以下は一般的な制限の例です。

室内機と室外機の距離制限

室内機と室外機の間には、一定の距離制限があります。これは、室外機から室内機までの配管が長くなると冷媒の流れが悪くなり、冷房や暖房の効率が低下するためです。

室外機の設置場所制限

室外機の設置場所には、建物や障害物から一定の距離を取る制限があります。これは、室外機の排気や風向きが他の建物や人に影響を与えないようにするためです。

室内機の設置場所制限

室内機の設置場所には、壁の耐荷重や換気のために必要な空間など、建物の構造による制限があります。

電源容量制限

エアコンは電力を消費するため、建物の電源容量に応じた制限があります。これは、建物の電気回路が過負荷になって火災などの危険が生じることを防ぐためです。

これらの制限は、専門のエアコン設置業者が建物の状況を調査し、適切な設置場所を決定する際に考慮されます。

【明電産業(株)】のよくあるご質問

よくあるご質問(明電産業Q&A)

Q.明電産業は、何をやっている会社ですか?

電設資材専門の商社(卸会社)です。
商社機能を持ちながら、補助金を活用した電気代の削減で、企業を支援しています。
(例)太陽光発電、照明LED化、高効率空調へのリニューアル、蓄電池、EV充電器等の販売、施工
明電産業株式会社についてはこちら

Q.創業はいつですか?

昭和23年1月です。74年目の会社です。(当ページ作成時点)

Q.どこにある会社ですか?

栃木県宇都宮市です。

Q.明電産業が対応できるエリアはどこですか?

できる限りのご要望にお応えさせて頂いていおります。
実績と致しましては、首都圏、北関東圏内となっております。
※東京都、茨城県、埼玉県、群馬県、福島県、栃木県

Q.明電産業では、補助金申請のサポートはできますか?

可能です。
補助金申請サポート専門部署(戦略企画室)があります。

Q.見積もりは可能ですか?いくらですか?

無料です。まずはお問い合わせください。

Q.明電産業は卸会社と聞きました。商品の価格は安くなりますか?

卸会社の強みと、補助金活用を活かします。
お客様には、明電を活用するメリットを感じていただいております。

Q.太陽光発電を設置する場合、明電産業では何ができますか?

設計から施工、補助金申請まで、すべて請け負います。
初回のヒアリングから現地調査、見積作成、省エネシミュレーションももちろん可能です。

Q.明電産業では、環境に配慮した活動をしていますか?

SDGs宣言をしております。
17の目標のうち、「1 貧困をなくそう」と「7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに」に力を入れています。

再エネ活動にも力を入れており、宇都宮市の事業者として初めて「再エネ100宣言 ReAction」を宣言しています。

Q.牛山電工(株)とは何の会社ですか?

明電産業グループのグループ企業の1社でございます。
主に、首都圏の東京、埼玉圏内で電設資材の卸業を軸に太陽光発電や省エネ設備のリニューアルなどの設計、施工、販売をしている技術商社でございます。

Q.明電産業に相談したいことがあります。どうすればよいですか?

下記のお問い合わせフォームより、ご連絡ください。
お問い合わせフォームはこちら
あわせて、事例紹介の資料(無料)もご活用ください。

補助金事例のダウンロードはこちら(無料)